現金化はなぜ高利じゃない?

クレジットカードの現金化を、高利という方もおりますが、グレーゾーンの方法で還元率80%や90%というのは、消費者金融を利用できない方にとってなかなか良い還元率と言えます。業者からすると、インターネット通販を利用する場合、クレジットカード会社の決済手数料を支払う必要がありますし、会社の運営費などを差し引くと、還元率80%というのが相場です。取引金額が高くなると業者の取り分が多くなるので、90%台になる可能性もあります。確かに正規の貸金業者である消費者金融と比べると高利であると言えますが、ヤミ金の利息が最低でもトイチ(10日に1割)ですので、ヤミ金と比べると全然高利ではありません。ヤミ金の利息が高いのは、社会的信用の低い方ばかり利用することが大きいです。返済できるあてがなく、いずれ返済に行き詰り、弁護士を雇う。そもそも、ヤミ金は違法業者ですので、ヤミ金から借りたお金を踏み倒しても全然違法になりません。そのことに気付かれる前に、高い利息で元金と利益を回収しようとする。しかし、クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社が支払いを100%近く保証してくれるわけですから、踏み倒される心配がありません。そのため、極端な高利を設定しなくても済むということになります。借金を回収するために人を使う必要はありませんし、ホームページを作ってしまえば、実店舗を持たなくても取引できます。広告費だけがかかりますが、人件費、事務所維持費などがかからずに済むため、コスト削減することができます。その分、還元率を高くして集客することも可能であり、消費者にとっても都合の良い面があるのです。現金化業者の中にはヤミ金と繫がりのある業者もおりますが、クレジットカードの立て替え払いというシステムを利用する以上、業者と消費者の間に不都合が発生する可能性が低くなります。消費者からすると、借金を完済しようとしても支払いに応じてくれず、利息を積み上げられる、ヤミ金を利用すると取り立てが怖い、職場にばらすなどと言って脅されるなど、何が起きるか分からないという不安があります。しかし、現金化では支払い相手がクレジットカード会社ですので、一括返済はもちろん可能ですし、万が一支払いに遅れたとしても事務的手続きが行われるだけで、脅迫などを受ける心配もありません。どうしても消費者金融などを利用できない方にとっては、クレジットカードの現金化は比較的メリットの高い取引方法であるということができます。

コメントを残す