本人認証サービスで個人情報も安心

現金化は、クレジットカードの立替払いを利用して今すぐ現金を手に入れる方法です。現金化にはいくつか方法がありますが、業者から商品を購入する場合、業者のオンライン決済システムを利用することが一般的です。その際、個人情報のセキュリティがどうなっているのか、気になる方も多いと思います。特に現金化は、グレーゾーンのサービスですから、勝手に情報を取得されて悪用されるのではないか、勝手に決済されて身に覚えのない商品を買わされるのではないか、と不安に感じる方もいるでしょう。しかし、クレジットカードの決済は、本人認証サービスによって保護されているので、情報を悪用される可能性はほとんどありません。基本的に、クレジットカード番号やセキュリティコードは、カードを使用した店舗でも分からないように暗号化されています。ただし、それだけではクレジットカード情報を盗用される可能性もあります。そこで役に立つのが本人認証サービスです。本人認証サービスとは、通常の取引情報に加え、クレジットカード会社にあらかじめ登録しておいたパスワードを入力するシステムです。クレジットカードの情報を盗用しただけでは、決して利用することはできません。特に「VISA」「MasterCard」「JCB」は、ビザ・インターナショナルが開発した世界標準の本人認証システム「3Dセキュア」を採用しています。3Dセキュアの3Dとは、3つのドメインのことであり、イシュアドメインがカード発行会社を、アクワイアラドメインがカード加盟店を認証し、相互運用ドメインが取引を仲介しています。クレジットカード番号などが流出したくらいでは、不正利用できない仕組みになっています。ただし、すべてのクレジットカードが本人認証サービスに対応しているわけではありませんので、まずはカード情報について調べてみましょう。現金化を行う時は、本人認証サービスに対応しているクレジットカードを使用すると安心です。また、クレジットカードの情報とは別に気を付けたいのが、消費者のメールアドレスや電話番号などの個人情報を聞き出し、ヤミ金に売却している悪徳業者の存在です。業者に申し込む時は、次回申し込みがスムーズに行くよう会員登録を行いますが、会員登録以降まったく応答がない時は、個人情報を目的とした詐欺である可能性があります。口コミ評判などを調べ、信用できると感じた現金化業者以外には、むやみに個人情報を送信しない方がよいでしょう。

カード現金化はカードでのショッピングと同じ

クレジットカードで買い物をするときのことを考えてみましょう。
例えば、少しの金額のものをカードで購入するとき、多くの場合は1回払いで済ませるでしょう。
これによって金利はまったくかからないのが一般的です。

クレジットカードで買い物をするときは、一括払いにすれば、金利はかからないのです。
ただし、リボ払いなどのように複数に分けて支払いを行う場合は、手数料や金利が発生します。
しかし、実際にクレジットカードでの買い物の場合、金利がかかるのはそのパターンだけなのです。
その点では返済期間などに応じて利息を支払わなければならないキャッシングとは大きく異なります。

実は、カード現金化はクレジットカードで買い物をするのとまったく変わりがないのです。
確かにカード現金化によってお金を借り入れしているのですが、実際はショッピング枠を利用しているため、通常のクレジットカードでの買い物とまったく大差がありません。
つまり、一括払いであれば、金利がかからないというのはカード現金化の大きな魅力であり、キャッシングよりも注目を集めている大きな要因なのです。