現金化は規約違反?

クレジットカード現金化について少し興味を持って調べてみると、カード会社の利用規約に反するのではないか?という疑問にぶつかります。
これについて、少し詳しく考えてみましょう。

クレジットカードの利用規約は、会社によって細かい所は異なりますが、基本原則は同じです。
すなわち、「支払いが終わっていない状態の商品を転売する事はできない」という決まりがあります。
例えば、クレジットカードを利用して高額な家電製品を買い、それを引き落とし前にショップなどに売って現金化すると利用規約違反となります。

クレジットカード現金化でも、一昔前はこうした買取方法が一般的でした。
しかし、カードの利用規約に違反するという指摘が出たことから、現在では商品に一定のキャッシュバック率を設定し、それを現金で振り込む形に変わりました。
これなら、カードの利用規約にも違反しません。

クレジットカード現金化の還元率は、景表法にも定められた規定を守っており、現状は法に違反する事はありません。