優良店を事前に選んでおくこと、その選び方は?

現金化を安全に行うためには、自分に合った業者を比較検討することが大切です。

しかし、お金が急に必要になった時に慌てて業者選びを行うのでは、冷静な判断ができずに条件の良くない業者を選んでしまう可能性があります。

 

いくらホームページに掲載されている内容が好条件でも、悪徳業者の誇大広告の可能性も否定できません。

実際に問い合わせてみると全然違う内容を提示されたけど、他の業者と比べると換金率が高いと言われ、時間もないのでその業者と取引してしまった。

しかし、後で調べてみると他の業者の方が換金率が高く、納得の行かない取引となってしまった。

そのような後悔をしないよう、クレジットカード現金化に興味を持ったら、実際に利用するかどうかに関わらず業者選びだけを済ませておくことをおすすめします。

では、クレジットカード現金化ではどのような業者を選べばよいのでしょうか。

優良業者を見極めるためのもっとも簡単な方法は、ホームページに掲載されている内容通りに取引できるか、という事と、実際のクレジットカード現金化利用者の体験談です。

現金化業者の多くは、ホームページに掲載されている換金率と実際の換金率が異なります。それは嘘を書いているというわけではなく、決済手数料などを差し引いた金額で書かれていないので、実際に振り込まれる金額と差が出てくるということです。

あるいは換金率一覧表がなく、最高換金率のみ掲載している場合もあります。最高換金率は100万円や200万円など、一般の消費者が利用できない金額であることが多く、掲載してもほとんど意味のない換金率です。

集客のための誇大広告という性質が強いので、最高換金率だけを掲載している業者はあまりおすすめできません。実際の換金率、銀行口座に振り込まれる金額について調べるためには、ホームページの連絡先に問い合わせる必要があります。

しかし、業者の中にはホームページの内容と成約内容がまったく同じ業者もあります。

そのような業者はまさしく優良業者であり、比較検討する価値があります。

ただし、現金化詐欺を行っている業者では、ホームページに掲載されている内容がすべてデタラメということもあります。

知名度の低い業者、会社情報のはっきりしない業者は避け、ある程度信用性の高いと思われる業者を選んでから問い合わせを行いましょう。

換金率だけでなく、迅速に現金化してくれるかどうか、振込日や振込時間が正確かどうかということもチェックすべきポイントです。オペレーターの対応が悪い業者は、あまり信用できません。