無職でもできる

通常、金融機関などからお金を借りようと思ったら、返済能力の有無を調べられます。
具体的には、現在の職業、年収、家族構成などです。
返済能力がないと判断されると、当然お金は貸してもらえません。
無職の場合は、ほぼ100パーセント借りられないと言ってもいいでしょう。

しかし、クレジットカード現金化は違います。
どんなに昔に使ったカードでも、現在使う事ができ、ショッピング枠が残っていればOK。
無職の人でもショッピング枠の限度内であれば現金を引き出すことが可能です。

なぜ、クレジットカード現金化は無職でもできるのでしょうか。
それは、その人の信用度が、カード会社に委託されているからです。
このため、収入がなくてもカードを使用する事が出来ると言うわけです。

もちろん、クレジットカード現金化でも後日返済しなければならない事に変わりはありません。
会社を辞めたばかりだけど、来月には転職する、などのケースであれば、安心して現金化できそうですね。