代理店とは

クレジットカード現金化の業者のサイトを見ていると、「代理店募集」という文字を度々目にします。
クレジットカード現金化業者の代理店って、一体何なのでしょうか?
その業者に代わって自分が商品の販売や現金化業務を行うという事でしょうか?

実は、代理店とは言ってもとっても簡単で、要はネット上でその業者の宣伝を担当すればよいのです。
自前のホームページやブログなどに広告バナーを張り付けるもよし、業者側から代理店専用のホームページを提供してもらい、そこに記事を書き込むのでもよし。
こうする事で、代理店報酬と称して一定金額を業者から受け取ることができます。
業者の中には、代理店になる事で還元率をアップしてくれるところもあります。

クレジットカード現金化業者の代理店報酬は、通常、完全出来高制です。
利用者はまず、代理店登録を行い、広告に使うためのホームページや、バナー等の素材を受け取ります。
それを使用して宣伝などを行い、あとはそれを通じて利用者が申し込んでくれるのを待つだけ。
報酬は、利用者が使った金額の数パーセントが割り当てられることがほとんどです。
クレジットカード現金化の場合、利用者が使う金額は比較的高額になることが多いので、得られる報酬も大きい、と言うわけです。

でも、そんな代理店登録はお金がかかるんじゃないの?
と思いがちですが、そんな事はありません。
現在、代理店募集を行っている業者のほとんどが、代理店登録に一定の料金を設けていません。
利用者は、ただ文面で申し込むだけで、すぐに代理店登録ができてしまうのです。
また、申込自体もネット上ですべて終わるため、思い立ったらすぐに申し込むことも可能です。

もちろん、広告を載せたからと言ってすぐに申し込みが来るわけではありません。
定期的に報酬を得るには、それなりの工夫と努力が必要です。

それでも、自宅に居ながらお金儲けが出来てしまうなら、こんな美味しい話もありませんよね。